NHK大河「鎌倉殿の13人」暗殺のスペシャリストの登場予告に視聴者戦りつ! サイコパス菅田義経の行く末は…第20回みどころ

スポーツ報知
平泉・衣川館にて。「平泉に手を出すな」と義時(左)に警告する義経

 俳優の小栗旬が鎌倉幕府の第2代執権・北条義時を演じるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜・後8時)の第20回「帰ってきた義経」(22日放送)では、源頼朝(大泉洋)と決裂した源義経(菅田将暉)が奥州平泉(現岩手県)へと戻る。

 幼少期に面倒を見てくれた奥州の覇者・藤原秀衡(田中泯)のもとへ。秀衡の軍事力と義経の戦闘力のコラボは頼朝にとって脅威の存在になる。だが、ほどなくして秀衡が死去。国衡(平山祐介)・泰衡(山本浩司)兄弟が後を継ぐことになる。そこへ、頼朝からある命令を受けた義時が平泉へ向かう。

 前回終了後の予告動画では、舞の名手・静御前(石橋静河)が踊る姿があった。頼朝を前に、義経への思いをどのように舞に込めるのか。バレエの経験者でダンス留学もした石橋が演じる静御前の一世一代のパフォーマンスも見ものだ。

 予告動画には善児(梶原善)の姿もあった。今作で善児は、八重と頼朝の間に生まれた長男・千鶴丸(太田恵晴)を始め、義時の兄・宗時(片岡愛之助)、八重の元夫の江間次郎(芹澤興人)らを殺害。史実上、死因のはっきりしないキャストを次々と始末する、いわば暗殺のスペシャリストとして描かれている。早くもSNSでは「朝から胃がいたい」「緊迫度がうなぎのぼり」と恐怖の声があがっている。

 第19回「果たせぬ凱旋」(15日放送)では、頼朝と義経の仲がこじれていく様子が丁寧に描かれた。何度か修復の機会を作ろうとする頼朝。義経も鎌倉へ帰りたい気持ちはありながらも、周囲が全力で阻止した。頼朝の台頭が面白くない源行家(杉本哲太)は「頼朝が義経の命を狙っている」とウソまで吹き込み、挙兵を催促する。

 強烈なのは後白河法皇(西田敏行)。いったん鎌倉へ帰ることを許すふりをして「(頼朝への伝言として)これからは武家の棟りょうとして、このわしを支え、支え、支え…」と小芝居をうって倒れた。わきの下にまりを挟み、一時的に脈を止めるほどの熱演。義経も京を離れることを諦めざるを得なかった。この仮病がどこまで史実であったのかは「分かりません」と番組関係者。ドラマでは映像が一時停止し、ナレーションの長澤まさみが「まねをしてはいけない」と注意を促した。SNSでは「最高だった」「ちびまる子ちゃんのナレーションばりに絶妙」と笑いの連続だった。

 第19回の平均世帯視聴率は13・2%で前回より0・5ポイントアップ。7話ぶりに13%台に乗せた。同時間帯ではテレビ朝日系「ポツンと一軒家」と並び、トップタイ。本紙調べの週間ランキングでは6位に。平家が滅亡。大がかりな合戦より、陰謀や裏切りというドス黒い展開になる。笑いと恐怖とのバランスの取り方が肝になりそうだ。

(NHK担当・浦本将樹)

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×