5月15日の馬トクふりかえり…ヴィクトリアマイルでも馬トク激走馬が好走

スポーツ報知

 古馬牝馬の最強マイラーを決定する第17回ヴィクトリアマイル・G1は5月15日、東京競馬場の芝1600メートルで行われ、好位から運んだソダシ(吉田隼)が直線でパワフルに抜け出し、2着に2馬身差をつける完勝でG1・3勝目を飾りました。

 このレースの馬トクのデータを見てみると、馬トク指数、激走指数上位馬で決着しました。2着に入ったファインルージュは馬トク激走馬に推奨されていました。

激走馬とは

35のファクターで計算した激走指数の中でも配当が期待できる馬を「激走馬」としてピックアップ。激走馬は、高配狙いの穴馬としてだけでなく、軸馬を決める上でも重宝するマークとなっている。

 皐月賞ではジオグリフが、桜花賞では1~3着まで独占など、今春のG1で好走を続ける激走馬。激走馬は重賞での好走がかなり期待できますので、必ず馬券の買い目に入れることをおすすめします。

 激走馬だけでなく、パドック情報にも注目です。2着ファインルージュはハミをリングハミからエッグハミに変更していました。

 NHKマイルカップで3着に入ったカワキタレブリーもハミをノーマルハミからトライアハミに変更していました。18番人気で好走した要因の一つが馬具変更にあります。このような変化をいかに見つけるのかが馬券的中の最大のポイント。馬トクのデータで馬の変化を見逃さないようにしましょう。

 勘や主観的なものに頼らず、客観的なデータを元に競馬を予想すると、的中率、回収率が大幅に改善します。今週のレースも馬トクの客観的なデータで攻略しましょう。激走データは馬トク激走コースで、展開データはAI展開コースご覧頂けます。ご購入は下記リンクからから。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×