山梨学院大監督を「卒業」した上田誠仁顧問、ルーズベルトの名言を胸に刻み「箱根への道」走り続ける

スポーツ報知
箱根駅伝初優勝の写真の前で思い出を語る山梨学院大の上田顧問

 3月末で山梨学院大の陸上競技部の監督を退任し、4月から顧問に就任した上田誠仁氏(63)がインタビューに応じ、37年間の監督時代や順大時代に指導者としての基礎を教わった沢木啓祐元監督(78)、臨時コーチだった小出義雄さん(故人)の思い出などを語った。また、2014年から務める関東学生陸上競技連盟の駅伝対策委員長として第99回箱根駅伝、そして、第100回記念大会への熱い思いを明かした。(取材・構成=竹内 達朗)

 * * *

 26歳の若さで山梨学院大の監督となり、37年。一大学の枠を越えて大学駅伝界の顔のひとりだった上田誠仁氏は、この春、監督を“卒業”した。山梨学院大は新たな駅伝プロジェクトをたちあげ、麻場一徳部長(61)がリーダーとして監督を兼任。飯島理彰・駅伝監督(50)が引き続き、駅伝チームを指揮する。上田前監督は顧問、中距離コーチになった。

 「1985年に山梨学院大に着任し、2019年に飯島君に駅伝監督を引き継ぎ、以来、陸上競技部全体の監督を務めてきました。20代、30代、40代、50代とそれぞれの立ち位置で熱量を持って、精いっぱいにやってきました。これからは顧問として、あまり出しゃばるべきではない、と考えています。サポートできることがあればサポートをしたい」

 監督就任2年目の1986年秋の箱根駅伝予選会を突破し、早くも初出場を果たした。初陣の1987年は最下位(当時出場は15校)だったが、11位、7位、4位、2位と着実に順位を上げ、6回目の出場の1992年に初優勝を飾った。1993年は早大に敗れて2位だったが、1994年と1995年は早大に競り勝ち、連覇を成し遂げた。

 「当時の早大は本当に強かった。それでも、2回、勝つことができた。特に94年は前年に優勝した早大の方が下馬評は高かったが、チーム全員で戦った。9区の黒木純(現三菱重工監督)のラストスパートは印象深い。一時、早大の櫛部静二選手(現城西大監督)に猛追されましたが、側道に入ってからの残り約200メートルで10秒くらい引き離しました。山梨学院大らしい走りでした。早大というライバルが自分たちを強くしてくれました」

 1988年からケニア人留学生を受け入れるなど先進的な取り組みで大学駅伝界をリードした。

 「彼らは、ただ、速いだけではなく、生活面でもチームに良い影響を与えてくれています。『くもん』で日本語を学ぶ彼らと一緒に私も勉強しました」

 上田顧問が監督として大きな影響を受けた人物が2人いる。ひとりは順大時代の恩師、沢木元監督だ。

 「沢木先生は常に勉強していました。今回、沢木先生に監督を退任して顧問になったことを報告すると『立場も年齢も関係ない。常に自分を磨きなさい。科学は日進月歩しているのだから』というアドバイスをいただいた。とても、元気づけられました」

 もうひとりの恩師が、日本マラソン界の名監督として名を残す小出さんだ。

 「私が順大3年のとき、沢木先生は1年間、米国に留学しました。その時、沢木先生が臨時コーチを頼んだのが小出さんでした。シャープな沢木先生と正反対のタイプの指導者でした。当時、順大の練習拠点は千葉の習志野でした。夏の練習で小出さんは『グラウンドなんかで走っていないで谷津の海岸に行こうや。ビキニ姿のお姉ちゃんがたくさんいるぞ』と。選手たちは乗せられて、いつの間にか長い距離を走っていました」

 2000年シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さんらを育てた名伯楽の小出さんは実は一度だけ箱根駅伝で実質、監督を務めたという。

 「1980年の箱根駅伝で順大の監督車(現在の運営管理車)に乗ったのは小出さんでした。『あそこにきれいなお姉ちゃんがいるぞ、カッコ良く走れ』とか言っていましたね。小出さんに乗せられて、5区で区間賞を取ることができました。自分と正反対のタイプの指導者の小出さんに臨時コーチを託した沢木先生も、やはりすごい。偉大な2人の指導者の薫陶を受けたことは私の財産です」

 上田顧問は2014年から関東学生陸上競技連盟の駅伝対策委員長の重責を担う。箱根駅伝は今年度に第99回大会を、そして、来年度に第100回記念大会を迎える。

 「駅伝対策委員長として第100回箱根駅伝を迎えることに責任を感じています。100回大会は華やかになると思いますが、単なる打ち上げ花火で終わるわけにはいきません。昔は戦争、今ではコロナ禍、多くの困難を乗り越えて箱根駅伝は続いています。大正9年、1920年の第1回大会からの先人たちの思いを引き継ぎ、第101回大会につなげていかなければなりません」

 選手として4年、指導者として37年。長く箱根駅伝に関わっている上田顧問は箱根駅伝はどうあるべきか、常に考えている。

 「今、お陰さまで、確かに箱根駅伝は盛り上がっていますが、全員に応援してもらっていると考えるのは思い上がりです。交通渋滞や交通規制で迷惑だ、と思っている人もたくさんいるでしょう。公道を走るだけにひとりでも多くの人に応援してもらえる大会にならなければならないのです。選手、マネジャー、監督をはじめ、箱根駅伝に関わる我々に求められるのはインテグリティー(誠実さ)です」

 大きな節目を迎えた上田顧問は今、第26代(1901~9年)米国大統領のセオドア・ルーズベルトの名言を胸に刻んでいるという。

 「『あなたにできることをしなさい。今あるもので、今いる場所で』。山梨学院大の顧問として、関東学生陸上競技連盟の駅伝対策委員長として、この言葉を実践していきたいと思います」

 上田誠仁は「箱根への道」を走り続ける。

 ◆上田 誠仁(うえだ・まさひと)1959年1月9日、香川・善通寺市生まれ。63歳。77年、尽誠学園から順大に入学。箱根駅伝は2年5区1位、3年5区1位、4年5区2位。81年に卒業後、香川県で教員を務め、85年に山梨学院大監督に就任。87年、箱根駅伝初出場に導き、92、94、95年に優勝。2016年は次男・健太(現日立物流)と大会史上初めて監督と選手の父子鷹に。19年、飯島理彰コーチに駅伝監督を引き継ぎ、自身は陸上部全体の監督に就任。今年3月末で退任し、顧問を務める。14年から関東学生陸上競技連盟の駅伝対策委員長を務める。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×