【ヤクルト】山田哲人V打で0差巨人に首位譲らん 今季初2戦連続猛打賞「どんどん状態を上げていきたい」

スポーツ報知
7回2死三塁、山田哲人が右中間へ適時二塁打を放つ(左は三塁走者・山崎=カメラ・岩崎 龍一)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト3―0阪神(19日・神宮)

 頼れる3番・山田が4打数3安打2打点をマークし、今季初の2戦連続猛打賞でチームを勝利に導いた。0―0の5回2死一塁、阪神・ガンケルが投げた135キロの高めスライダーを振り抜いた。左翼フェンス直撃の適時二塁打で打線の口火を切ると、7回は2死三塁で右翼へ適時二塁打を放ち、貴重な追加点。「くらいついていこうと思った。どんどん状態を上げていきたい」と闘志を燃やした。

 18日の同戦では、惜しくも三塁打が出ずにサイクル安打を逃したが、3安打1打点。打率2割9分1厘はチームトップだが、今季は5戦連続安打が最長で好調の維持が課題だ。大切にしているのは気持ちの切り替え。結果にかかわらず、朝を迎えたら「また新たな一日。『今日は今日で』」と落ち込みや反省を翌日に持ち越さないよう心がけている。

 不調時には道具やルーチンを変えて、きっかけを見つける選手が多い中、山田は「変えたところで結局、最初に戻ってくる」と2年目からはアディダス社製の同じ形のバットを使い続けている。

 2位・巨人も勝利したが、ゲーム差なしで首位の座を守った。5年連続で開催されたヤクルトファンが選ぶ「イケメン総選挙」で堂々5連覇を果たした山田。「題名を変えてほしい」と照れたが、これからも野球とルックスの“二刀流”でファンを魅了する。(森下 知玲)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×