【ロッテ】井口監督、佐々木千隼に託すも逆転負け「もったいなかったですね」

スポーツ報知
7回に同点を許しガックリの井口資仁監督らロッテベンチ(カメラ・佐々木 清勝)

◆パ・リーグ ロッテ2―7楽天(19日・ZOZOマリン)

 ロッテが逆転負け。楽天に同一カード3連戦3連勝を逃した。

 先発・河村は6回1失点の好投。2―1の7回に2番手・佐々木千が登板したが、先頭の鈴木大に二塁打、犠打で1死三塁となった後、代打銀次、1番西川に連続四球で満塁。2番武藤にも3者連続となる四球で押し出しとなり同点。浅村は三振に抑えるも、2死満塁から4番島内に押し出し四球を与え、2―3となったところで降板した。

 代わった小野がマルモレホスに満塁弾を浴びこの回計6失点。佐々木千の失点は5となった。

 ブルペンには左のリリーフ投手が一人もいない状況で、井口監督は逆転されるまで佐々木千に託した。結果的に裏目となり試合後は「あそこは何とかイニングの間に修正しなくちゃいけないと思いますし、去年投げてくれた投手ですから。できる能力は持っているので、ちょっともったいなかったですね」と指摘した。

 井口監督はカウント2―2からスライダーを満塁本塁打とされた小野については、「満塁なので四球を出したくない、(カウント)3―2にしたくないということがあったんじゃないですかね。その辺、バッテリーでしっかりミーティングしながらやっていけたらと思います」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×