【阪神】今季11度目の完封負け 21日にも自力V消滅

スポーツ報知
7回2死一塁、山崎晃大朗のセーフティバントの際、佐藤輝明が一塁に悪送球し、一塁走者・塩見泰隆(奥)が生還(捕手・坂本誠志郎)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト3―0阪神(19日・神宮)

 阪神が今季11度目の完封負けを喫した。投手陣は21試合連続3失点に抑え、歴代単独2位の記録を更新したが、打線が4安打のみ。21日にも自力Vが消滅する危機だ。

 2戦連続で投手を8番に起用し、ガンケルがチーム最初の安打を左前に運んだが、打線は続けず。4回には佐藤輝が二塁打をマークするものの、大山が左飛、糸井が空振り三振に倒れた。

 先発・ガンケルは5回2死一塁、山田に左中間フェンス直撃の適時二塁打を許し、先取点を献上。

 2番手・岩貞が7回からマウンドに上がったが、2奪三振の後、塩見に中前に運ばれた。続く山崎のセーフティーバントを佐藤輝が一塁へ悪送球。その間に一走・塩見がホームにかえった。2死三塁で3番手・加治屋に交代。山田に中越え二塁打を浴び、さらに1点を失った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×