【阪神】糸原健斗「幻のランニング弾」正真正銘の本塁打に…NPB公式記録訂正 15日DeNA戦「安打と失策」

スポーツ報知
15日のDeNA戦で9回1死、ライトへ「ランニング本塁打」を放った糸原健斗は、生還後に疲れた表情を見せた(カメラ・岩崎 龍一)

 日本野球機構(NPB)が19日、公式記録の訂正を発表した。

 15日のDeNA―阪神7回戦(横浜)の9回1死、阪神の糸原が右前へ放った打球に対し、楠本がスライディングキャッチを試みたが、打球に触れず後逸。打者走者の糸原が一気に生還したが、記録は糸原の安打と楠本の失策になっていた。しかし、失策が取り消され「ランニング本塁打」に訂正された。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×