アニメ映画「漁港の肉子ちゃん」がモロッコのメクネス国際映画祭で観客賞など受賞

 タレント・明石家さんまが企画・プロデュースし、昨年の第46回報知映画賞アニメ作品賞を受賞した映画「漁港の肉子ちゃん」(渡辺歩監督)が、5月6日~11日にモロッコで開催された「メクネス国際アニメーション映画祭」の長編アニメーション国際コンペティション部門で、「観客賞」「ジュニア審査員賞」を受賞したと19日、発表された。

 直木賞作家・西加奈子氏のベストセラー小説をさんまがほれ込み、映画化を直訴したハートフルコメディー。

 今回の受賞を受けて、映画祭に出席した渡辺歩監督は「驚きと感激の気持ちで心がいっぱいです! スクリーンを見つめる皆さんの瞳の輝きはモロッコの太陽のように眩しく、笑い声は風そよぐ木々の葉音のように爽やかで。アニメーションへの情熱にあふれた映画祭の熱気に、この映画を作ることができた喜びを改めて感じました! メクネス映画祭の歴史の一部になれてとてもうれしいです! ありがとうございました!」とコメントした。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請