乙武洋匡氏、参院選出馬へ 公式YouTubeできょう午後9時「重大発表を行う」無所属で東京選挙区

今夏の参院選に出馬する意向を固めた乙武洋匡さん
今夏の参院選に出馬する意向を固めた乙武洋匡さん

 作家の乙武洋匡氏(46)が今夏の参院選に出馬する意向を固めたことが18日、スポーツ報知の取材で分かった。6年前に出馬を検討していた東京選挙区に無所属で挑む。19日午後9時から自身の公式YouTubeチャンネルで「重大発表を行う」としており、自らの意思を明らかにする見通し。20日には都内で記者会見する予定もある。自民党が元おニャン子クラブの生稲晃子氏(54)を擁立するなど混戦とみられていた東京選挙区は、乙武氏の参戦でかつてない大激戦になりそうだ。

 乙武氏の事務所は本紙の取材に対し、「本人が直接話すまでは何も分かりません」と説明した。しかし、関係者の話を総合すると、出馬する場合は特定政党には所属せず、あえて無所属で、東京選挙区で挑戦する。

 乙武氏に対しては、2016年の参院選で自民党が目玉候補として擁立を検討。障害がありながら精力的に活動する姿が当時の安倍政権の掲げる「1億総活躍」のシンボルになるとして、東京選挙区からの出馬を非公式に打診。乙武氏も前向きに検討したが、自身のスキャンダルから白紙になったいきさつがある。

参院選東京選挙区主な出馬予定者
参院選東京選挙区主な出馬予定者

 それ以降も「どんな人でも同じだけのチャンスが与えられる社会を目指したい」として積極的に情報を発信。実現させる手段として「法律を作る」「予算を付ける」ことのできる政治の世界への関心は高く、元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(52)ら各界識者との交流も深めてきた。

 一方で、自らが招いた不祥事を直視し続けてきた。「社会のために役に立つことはもう二度とできないのかな」と自問自答を繰り返しながら、「誰かの役に立ちたい」「誰もがあきらめなくて済むような社会にしていけたら」という思いを膨らませてきた。

100メートルを超えても、歩き続ける乙武洋匡さん
100メートルを超えても、歩き続ける乙武洋匡さん

 義足歩行に挑戦してきたのも「歩くことをあきらめている人に希望を届けられたら」と、技術革新に取り組むエンジニアに協力。16日には国立競技場で義足歩行の100メートルに挑戦するプロジェクトを実施し、117メートル、7分44秒を歩いた。自身のフェイスブックには、歌手・泉谷しげる(74)からの激励の言葉を引き合いに「やれる範囲のことを無理せずやってたんじゃ、ひとの心なんて動かせない」「あきらめないことが、いかに大事か。多くの人があきらめなくていい社会を実現していきたい」などと思いをつづっていた。

 義足歩行では、有森裕子氏、井上康生氏、国枝慎吾らアスリートに加え、実業家の堀江貴文氏、サッカー日本代表の吉田麻也らが激励メッセージを送った。乙武氏が出馬するとなれば、各界の幅広い著名人から支援の輪が広がりそうだ。

 ◆乙武 洋匡(おとたけ・ひろただ)1976年4月6日、東京都生まれ。46歳。早大政治経済学部卒。先天性四肢切断の生活体験を大学在学中につづった「五体不満足」(98年)が大ベストセラーに。卒業後はスポーツライターとして活躍。杉並区立杉並第四小学校教諭、東京都教育委員を歴任。地域に根ざした子育てを目指す「まちの保育園」経営に参画。著書に「ただいま、日本」「四肢奮迅」など多数。2000年、都民文化栄誉賞。

今夏の参院選に出馬する意向を固めた乙武洋匡さん
参院選東京選挙区主な出馬予定者
100メートルを超えても、歩き続ける乙武洋匡さん
すべての写真を見る 3枚

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請