【巨人】ウォーカーが広島を突き放す8号3ラン 原監督は「物怖じしないところがいい」

5回1死一、二塁、ウォーカーは左越えに8号3ラン本塁打を放つ(捕手・会沢翼) 
5回1死一、二塁、ウォーカーは左越えに8号3ラン本塁打を放つ(捕手・会沢翼) 

◆JERAセ・リーグ 巨人4―2広島(18日・東京ドーム)

 巨人のアダム・ウォーカー外野手が「2番・左翼」でスタメン出場し、広島を突き放す8号3ランを放った。

 1―0の5回1死一、二塁。広島の先発・床田の初球145キロを振り抜くと、打球は左翼席へ飛び込み、3ランとなった。

 原監督は「なんか物怖じしないところがいいよね。そのプレースタイルというか、自分のペース、自分の世界を持っている感じがしますね」と助っ人について語った。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×