【西武】ドラフト1位左腕・隅田知一郎が6回2失点

スポーツ報知
隅田知一郎  

◆パ・リーグ 西武―ソフトバンク戦(18日・那覇)

 西武のドラフト1位左腕・隅田知一郎投手が18日のソフトバンク戦(那覇)で今季8度目の先発を果たし、6回6安打、2失点で降板した。

 初回、グラシアルに適時打を許して1点を失うと、5回には中村晃に適時打を打たれて1失点。ともにストライクを取りにいった直球を打たれて「集中して投げてはいるつもりですが、もっと厳しく攻めるべきところでした」と反省した。勝ち負けはつかなかったが、6度目のクオリティースタート(6回以上自責点3以下)を達成。「一人一人しっかり抑えていくことが大事だと思っています。次回登板はさらに粘り強く投げたいです」と2勝目へ意欲をのぞかせた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×