【ヤクルト】高橋奎二、3被弾で3回6失点 マルテソロ、西純矢2ラン、大山悠輔3ラン

スポーツ報知
1回2死、ジェフリー・マルテ(奥右)に先制ソロ本塁打を浴びた高橋奎二(カメラ・岩崎 龍一)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト―阪神(18日・神宮)

 ヤクルト・高橋奎二投手(25)が先発。3回66球6失点(自責点4)で降板した。

 初回2死、先頭近本の初球から11球連続で投じた直球をマルテに左翼席へ運ばれ先制ソロとされた。

 2回は1死から糸原の遊ゴロを長岡がファンブルして失策。2死一塁、8番投手の西純矢に初球150キロを左翼席へ運ばれ、プロ初本塁打の2ランとされた。

 3回は1死から四球、安打で1死一、三塁。4番・佐藤輝を空振り三振に抑えた直後、5番・大山に初球のチェンジアップを左翼席に運ばれ3ランで0―6。マウンドに膝をついて悔しがった。

 3回の攻撃で代打を送られて降板となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×