【大学野球】京大に逆転満塁被弾で敗れた近大 田中秀昌監督「どちらが近大でどちらが京大か分からない」

◆関西学生野球春季リーグ戦 第5節2回戦 近大3―7京大(18日・大阪市南港中央)

 近大が1点リードの6回2死に満塁本塁打を浴びて逆転負けを喫した。

 先発はプロ注目の左腕・久保玲司(4年=関大北陽)。初回に3点の援護をもらい、5回まで2安打無失点の好投を見せたが、6回に1死から3連続安打を浴びて1点を失った。さらに2死一、二塁でも右前適時打を許し、1点差に詰め寄られたところで降板。久保は「(中3日での登板に)体はだいぶ重たいと感じる部分はありました。ただ6回に打たれた原因は自分の実力不足です。京大さんもすごい粘り。抑えたいという思いがでた時に力が入って球が浮いてしまいました」と振り返った。

 2番手で登板した森本昂佑(4年=大阪桐蔭)も、京大打線の勢いにのまれ、代打・梶川恭隆(4年=旭丘)に左越えの逆転満塁本塁打を浴び、3点差に離された。

 打線は初回に2死一塁で、榎木貫太二塁手(3年=大阪桐蔭)が京大の先発・愛沢祐亮(4年=宇都宮)から中前適時打を放つなど3点を先行したが、その後は京大救援陣に1安打に封じられた。

 田中秀昌監督は「完敗です。どちらが近大でどちらが京大か分からないくらい。監督の継投ミスもありますし、相手の集中力も素晴らしかった。3点とってほっとしたのか、ものすごく淡白になりました、反省です。次は全力で頑張ります。」と話した。

近大の先発・久保玲司
近大の先発・久保玲司

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×