【オークス】薔薇一族復権を狙うスタニングローズは坂路で鋭い反応 レーン騎手「仕上がりのよさを感じた」

スポーツ報知
スタニングローズ

◆第83回オークス・G1(5月22日、東京・芝2400メートル)追い切り=5月18日、栗東トレセン

 フラワーCで初重賞制覇を飾った後はオークス1本に絞って調整してきたスタニングローズ(牝3歳、栗東・高野友和厩舎、父キングカメハメハ)は、坂路でエルバリオ(3歳1勝クラス)との併せ馬。初コンビとなるダミアン・レーン騎手を背に、先行する相手の背後で折り合いをつけ、ラスト1ハロンで追い出すとグンと加速。瞬時にペースを上げて54秒6―12秒3のタイムで先着した。

 レーン騎手は「追走する形でしたが、リズムよく、いい手応えでした。ラスト200メートルはいい反応、いいアクションでしたよ。仕上がりのよさを感じましたし、レースが楽しみです」と、好感触を口にしていた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×