【楽天】田中将大 10年ぶり6失点で2敗目「何もよくなかった。ビッグイニングを作られたのが全て」

3回終了、2死から同点打を浴びた先発の田中将大は渋い表情でベンチへ戻る(カメラ・泉 貫太)
3回終了、2死から同点打を浴びた先発の田中将大は渋い表情でベンチへ戻る(カメラ・泉 貫太)

 ◆パ・リーグ ロッテ6―3楽天(17日・ZOZO)

 楽天の田中将大投手は7回途中、11安打6失点で2敗目を喫した。6失点は日本復帰後ワースト。2012年8月19日の西武戦(西武D)以来10年ぶりとなった。

 田中将は6回まで1失点と安定感を見せていた。2点リードの7回。岡に左翼席へソロ。1点差とされ1死一、二塁。中村奨に中前に同点打。続く佐藤都に左前に勝ち越し打を許し、一、二塁に走者を残し降板した。

 その後、中継ぎ陣が打たれ6失点(自責は5)となった。

 田中将は「終盤にビッグイニングを作られたのが全て。粘り強く投げていたけど、最後、我慢しきれずに失点を重ねてしまった。(今日は)何もよくなかった」と振り返った。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請