博多座「千と千尋の神隠し」4公演が関係者コロナ陽性で中止 橋本環奈が感染

スポーツ報知
橋本環奈

 博多座は17日、舞台「千と千尋の神隠し」(28日まで)の公演関係者に新型コロナウイルス陽性が確認されたため、17~19日の計4公演を中止すると発表した。主人公・千尋役の橋本環奈がツイッターを更新し、自らの感染を明らかにした。

 橋本はツイッターで「3/2の初日から順調にきていたので、私の陽性により止まってしまって辛いです。この舞台を楽しみにしていた方、わざわざ予定を開けて頂いてたのに本当に申し訳ありません。早く復帰出来るように、とにかく身体を休めたいと思います」と謝罪。症状は軽症で、軽微な咽頭痛と咳が出るものの、発熱はないという。

 同作は宮崎駿監督による名作アニメの舞台版で、橋本と上白石萌音がダブルキャストで主演。今年2月から東京・帝国劇場など全国5都市を巡演。チケット完売が続出する人気ぶりで演劇界の優れた業績を表彰する第47回菊田一夫演劇賞にも選ばれている。

 19日午後5時開演の部以降は、18日午後4時以降に発表する。

 

 

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×