J1清水 ルヴァン杯1次リーグ突破へ勝利が絶対条件、人事を尽くして天命を待つ

スポーツ報知
広島戦に向けて調整する清水MF神谷

 ルヴァン杯1次リーグ(L)最終節が18日に開催される。B組3位の清水エスパルスは、広島と戦う(午後7時・アイスタ)。1次L突破へ勝利が絶対条件。MF神谷優太(25)が逆転突破へ気合を入れた。

 人事を尽くして天命を待つ。清水が2年連続のグループ突破を果たすには、首位・広島に勝利した上で徳島が名古屋を破ることが条件となる。MF神谷は「まずは勝つこと。チーム全員で同じ方向を向いて戦う」と力を込めた。

 “切り札”に甘んじるつもりはない。柏から加入した今季は開幕から定位置をつかんだが、ここ6試合はベンチスタート。J1で4位タイの3アシストをマークしているアタッカーは「もちろん先発で出たい」と明かし「途中からでも結果を残せれば、結果を出せる選手という印象が強くなる」とアピールを狙う。

 19日間(14日から6月1日)で6試合を戦う過密日程の2戦目となる。既に、1位でのグループ突破が決まっている広島は先発メンバーの入れ替えが予想される中、「連戦の勢いをつけるために、勝たないといけない」。対広島は今季1勝1分けと好相性。15位と波に乗りきれないリーグ戦へ弾みをつける意味でも、勝ち点3が欲しい一戦だ。

 広島戦は、ホーム公式戦初勝利を懸けた試合にもなる。神谷は「勝って、みんなで笑いあえれば」。ゴールと、逆転突破への扉をこじ開ける。(内田拓希)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×