【オリックス】貧打解消の救世主マッカーシー、20日楽天戦でスピード昇格へ

オリックス新外国人のマッカーシー
オリックス新外国人のマッカーシー

 オリックスのジョー・マッカーシー外野手=レンジャーズ傘下3A=のスピード昇格の可能性が16日、浮上した。11日に来日し、14日のファーム交流試合・ヤクルト戦(杉本商事BS)でいきなり本塁打。17日のウエスタン・広島戦(由宇)では来日初の守備に就く予定で、20日の楽天戦(楽天生命)で1軍合流する見通しが立った。

 昨季は3Aで打率3割5厘、15本塁打の左の長距離砲。「いい状態を保てている。(試合に)出て行ける状態」と14、15日のヤクルト戦はDHで4打席に立った。広島戦では外野と一塁が可能な守備面の動きを確認。来日前には米国で自主練習を行い、早期デビューが現実味を帯びてきた。

 チームは15日のロッテ戦(京セラD)で今季最多8得点。33試合ぶりに5得点以上を記録したが、計101得点は両リーグ最少だ。コロナ禍で主砲の吉田正らが離脱中。14日に復帰した杉本は打率1割台と苦しむ。貧打解消の救世主として期待される新助っ人が、まもなく加わる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請