【プロ野球】支配下日本人選手の平均年俸ソフトバンクが7002万円で1位 最下位日本ハムと4000万円以上の差 

スポーツ報知
 

 日本プロ野球選手会は16日、721人の支配下選手を対象とした年俸調査結果を(外国人選手、出来高払いを除く)を発表した。

 球団別の今季平均年俸は7002万円(昨季は6932万円)のソフトバンクが3年連続トップ。2位も3年連続で6632万円の巨人だった。最下位は4年ぶりの日本ハムで2817万円でソフトバンクとは4000万円以上の差が出ている。

 12球団の平均は過去最高の4312万円(前年比3・3%増)。一方で中央値(721人中361番目)は1500万円と格差が広がっている。

 ◇令和4年度 球団別支配下選手平均年俸

 1位ソフトバンク 7002万円

 2位巨人 6632万円

 3位楽天 6035万円

 4位西武 4330万円

 5位ヤクルト 4050万円

 6位オリックス 3992万円

 7位DeNA 3732万円

 8位広島 3693万円

 9位阪神 3456万円

 10位 中日 3118万円

 11位 ロッテ 3077万円

 12位 日本ハム 2817万円

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×