金村義明氏、佐藤輝明の5月初弾に「ベストスイング」 ハマスタは松井秀喜も得意としていた

スポーツ報知
6回無死、この試合2本目となる中越えソロを放った佐藤輝明(カメラ・岩崎 龍一)

◆JERAセ・リーグ DeNA1―8阪神(15日・横浜)

 佐藤輝の3回の右翼ポール際への本塁打は素晴らしかった。内角やや高めの直球で、少しでもバットが遠回りしていればファウル。しかも、左対左で体が開きやすいにもかかわらず、軸回転で捉えられていた。今季、彼が何発放り込むのかは分からないが、形としてはベストスイングと言える一本になっただろう。

 横浜スタジアムは巨人の松井秀喜が「一番好きな球場」と得意にしていた。同じ左のスラッガーの佐藤輝も球場の狭さや追い風など、好相性の理由はうなずける。6回の中堅右へのアーチもそうだが、精神的な余裕から変な力みがないことも、好結果につながっている。

 ここまでは開幕から打撃陣で唯一、大きなスランプがない。1番・近本、2番・中野の状態が良くなり、3番・マルテも帰ってきて本来のオーダーに戻った。4番の佐藤輝は高めのボール球を顎を上げて振らないようにさえすれば、さらなる上昇気流に乗っていきそうだ。(スポーツ報知評論家・金村 義明)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×