志摩ノ海、初の東大生力士・須山に“ジョジョ化粧まわし”を貸す「目立ってくれればいいなと」…新序出世披露

スポーツ報知
志摩ノ海(左)が押し出しで照強を破る(カメラ・今西 淳)

◆大相撲 ▽夏場所8日目(15日、東京・両国国技館)

 東前頭8枚目・志摩ノ海(木瀬)は、西前頭8枚目・照強(伊勢ケ浜)を押し出しで下し、4勝目。星を五分に戻した。後半戦に向けては、「前に出ていい相撲で勝てたので、これを継続していけたらいいかなと思っています」とうなずいた。

 立ち合いは相手の左変化でかわされたが、冷静に対処。「何でもやってくるタイプなので慌てないで取ろうとは思っていました」。重心の低い前傾姿勢をキープし、最後は回転の速い突っ張りで押し出した。

 この日は7月の名古屋場所で序ノ口に番付が載る資格を得た力士による「新序出世披露」が行われた。弟弟子で史上初の東大生力士・須山(木瀬)は志摩ノ海の化粧まわしを借りて土俵へ。人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のキャラクター「岸辺露伴」と、その名セリフ「だが断る」が描かれたデザインでひときわ目立っており、志摩ノ海は「東大初のお相撲さんだし、目立ってくれればいいなと。うれしいですし、これからも頑張って欲しいです」と目を細めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×