八角理事長「物言いはつけた方がいい」 正代-豊昇龍戦の際どい一番に 土俵下で見守る審判には理解示す

スポーツ報知
八角理事長

◆大相撲 ▽夏場所8日目(15日、東京・両国国技館)

 苦しむ大関・正代(時津風)が2勝目を挙げた。2敗だった好調の小結・豊昇龍(立浪)を相手に左をのぞかせ、右も差すと一気に寄った。最後は正代の肘が着くのと、豊昇龍が倒れ込むタイミングが非常に際どかったが、軍配は正代に。物言いもつかず、過去1勝4敗の難敵から白星をもぎ取った。

 八角理事長(元横綱・北勝海)は、最後の土俵際に関して「下で見ていると流れがあってわからない時がある」と土俵下から肉眼で判断する審判に理解は示す一方で、「物言いはつけた方がいい」と指摘した。ビデオは勝負判定の参考に使用される。ただ理事長は「テレビで見ている人はわかるけど、観衆はわからないからね。場所前にも勉強会などをやっていますが、確認するということで、もっと勉強会が必要になってくると思う」と注文をつけた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×