【巨人】原監督が2回途中に先発バッテリーを同時に交代 「代えざるを得ない」

スポーツ報知
2回途中4失点で降板となった高橋優貴(中央)(カメラ・小林 泰斗)

◆JERAセ・リーグ 巨人3―9中日(15日・東京ドーム)

 巨人の高橋優貴投手が先発し、2回途中6安打4失点(自責3)で降板した。2番手で戸田が登板すると同時に捕手・大城に代わって岸田がマスクをかぶった。

 原監督は「代えざるを得ないわけよね。あそこにピンチヒッターが出てしまうというケースもなきにしもあらず。3分の1で投手を代えなければならないという。2回で2人の投手を使うということでしょ。あれは非常事態ということなんだよね。先発投手がこういう形になると、非常事態の用兵になるよね。大城は打撃の部分であれだったんだけど、仕方がないよね。先発投手の役割というのは重いですよ」と話した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請