【巨人】高橋優貴が2回途中6安打4失点 原監督「なんてフォローしていいか分からないね」

スポーツ報知
2回2死一、三塁、三ツ俣大樹に適時二塁打を浴びる高橋優貴(カメラ・小林 泰斗)

◆JERAセ・リーグ 巨人3―9中日(15日・東京ドーム)

 巨人の高橋優貴投手が先発し、2回途中4失点(自責3)で降板した。

 初回は3者凡退の好スタートを切ったが、2回にビシエド、A・マルティネス、高橋、根尾に4連打を浴びて2点を失うと、なおも1死一、二塁で、柳の内野安打と二塁手・北村の失策が絡んで3点目を献上。さらに2死一、三塁で三ツ俣に適時二塁打を浴びて4点目を失ったところで降板となった。

 原監督は「何本打たれたかな。6本ぐらい打たれたんじゃないかな。違う? なんてフォローしていいか分からないね」と首をかしげた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請