【高校野球】福知山成美が3位決定戦を制す コールド負け乗り越え、井本自宣監督「切り替えができていた」

スポーツ報知
完投した福知山成美の先発・丘田駿介

◆春季京都大会 ▽3位決定戦 福知山成美4―1龍谷大平安 (15日・わかさスタジアム京都)

 福知山成美が龍谷大平安を破り、3位決定戦を制した。

 先発した右腕・丘田駿介(3年)が1失点完投した。3点リードした8回、先頭に右中間二塁打を浴び、その後1死一、三塁の場面では三ゴロに打ち取ったが、その間に三塁走者が生還した。続くピンチに「自分を信じてどんどん打たせていけと言ってくれた」とマウンドに集まった野手陣の後押しを受け、後続を断った。真っ直ぐとスライダーをうまく使った投球で、9回7安打1失点で完投。

 一方、打線は3回1死一、二塁の場面で石田巧磨遊撃手(3年)と嶋田遥希中堅手(3年)のダブルスチールで二、三塁にチャンスを拡大。続く木原宏樹左翼手(3年)の内野ゴロを、一塁手がホームへ送球するも大きくそれ、2点先制した。得点につながった重盗に「サインではなかったです。三盗はずっと練習してきて、強みなので」と石田。5回にも敵失で追加点を奪い、8回には左越え二塁打で出塁した石田が盗塁を決め、神内蘭右翼手(3年)の左犠飛で生還した。

 14日の準決勝で西城陽に1―11で7回コールド負けを喫したが、この日の3位決定戦を勝ちきり井本自宣(さだよし)監督は「切り替えができていた。やってきたことをやれば次につながることが分かったんじゃないかな」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×