【大学野球】 立大が早大に連勝 主将・山田健太が2安打2打点の活躍

スポーツ報知
山田健太

◆東京六大学野球春季リーグ戦第6週第2日▽立大7―3早大(15日・神宮)

 立大の主将・山田健太二塁手(4年=大阪桐蔭)が、4打数2安打2打点の活躍で早大戦の連勝に貢献した。

 4番の山田は、1回裏1死一、三塁から先制の中前打。4―0から2点を返されて迎えた7回裏には、無死一塁から右翼線沿いに二塁打を放ち、追加点を挙げた。「何とか自分が打って点を入れたい」と強い気持ちで打席に入り、自らのバットで流れを引き戻した。

 1回戦を5―0で勝利したが、6回までは打線がつながらず無得点と悔しい思いをした。「(自分の)数字よりもチームの勝利を」と効果的な2打点をマークした。

 勝ち点を3とし、次週は15日の時点で首位の明大と対戦する。優勝に向けて、山田は「大事なカードになるので、自分の役割をまっとうできるよう調子を上げていきたい」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×