【ヴィクトリアマイル】昨年3着マジックキャッスルは17着 戸崎圭太騎手「コーナーで手前を替えていた」

スポーツ報知
17着のマジックキャッスル

◆第17回ヴィクトリアマイル・G1(5月15日、東京競馬場・芝1600メートル=良)

 G1馬5頭を含む4歳以上の牝馬18頭によって争われたマイル女王決定戦は、吉田隼人騎手が手綱を執った4番人気のソダシ(牝4歳、栗東・須貝尚介厩舎、父クロフネ)が好位追走から直線で抜け出して優勝。20年の阪神JF、21年の桜花賞に続くG1・3勝目を挙げた。勝ち時計は1分32秒2。

 2馬身差の2着は、直線で外から伸びた3番人気のファインルージュ(クリストフ・ルメール騎手)が大混戦を制した。さらに首差の3着は2番手追走から6番人気のレシステンシア(横山武史騎手)。1年1か月ぶりの復帰戦だった20年の3冠牝馬、デアリングタクト(松山弘平騎手)は勝ち馬から0秒5差の6着。1番人気のレイパパレ(川田将雅騎手)は12着に終わった。

 レーン騎手(テルツェット=13着)「ゲートが開くタイミングで頭を振ってしまった。枠も大外だったので、後ろのポジションになりました。直線を向いた時はいい手応えで最後の400メートルはいい脚を使ってくれました」

 福永騎手(アンドヴァラナウト=14着)「完璧に乗れなかった。スタートを決めてレイパパレの後ろを取りたかった。もっとうまく乗れていればもっと上位に来られた。馬は良くなっています」

 藤岡康騎手(デゼル=15着)「具合の良さは伝わってきて、いい雰囲気でした。きょうの流れで後ろからでは脚はたまらなかった」

 松岡騎手(クリノプレミアム=16着)「ソダシと同じようなポジションで競馬できたし、力をつけています。コーナー4つの舞台とかならこのメンバーでもやれると思う」

 戸崎騎手(マジックキャッスル=17着)「追走はスムーズだったけど、コーナーで手前を替えたりしていた」

 鮫島駿騎手(メイショウミモザ=18着)「前回と違って輸送もあったし、G1の雰囲気もあって繊細な馬なので、その部分が影響してしまったのかも。この一戦が経験になってくれれば」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×