将棋・叡王戦第2局の指し直し局始まる…藤井聡太叡王の持ち時間は1時間

愛知・名古屋東急ホテルでの第7期叡王戦五番勝負第2局で出口若武六段と対局する藤井聡太叡王(提供・日本将棋連盟)
愛知・名古屋東急ホテルでの第7期叡王戦五番勝負第2局で出口若武六段と対局する藤井聡太叡王(提供・日本将棋連盟)

 将棋の藤井聡太叡王(19)=竜王、王位、王将、棋聖=に出口若武(わかむ)六段(27)が挑む第7期叡王戦五番勝負第2局が15日、愛知県名古屋市の「名古屋東急ホテル」で指され、74手で千日手が成立し、午後5時6分、指し直し局が始まった。

 先後が入れ替わり、藤井が先手。お互い飛車先の歩を突き、再び相掛かりで進行した。

 千日手は同じ局面が4回現れると成立。無勝負として「指し直し」になる。どちらかの持ち時間が1時間未満の場合、1時間になるよう加算されるルールで、残り40分だった藤井が1時間、45分だった出口が1時間5分で指し直しされた。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請