【日本ハム】新庄ビッグボス体制初の4連勝&同一カード3連勝 2ケタ10得点で大勝

スポーツ報知
4回2死三塁、石井一成の右前適時打で生還した三塁走者の万波中正(左)を迎える新庄剛志監督。右は林孝哉ヘッドコーチ(カメラ・関口 俊明)

◆パ・リーグ 日本ハム10―2ソフトバンク(15日・札幌ドーム)

 日本ハムが逆転勝ちを収め、新庄ビッグボス体制初の4連勝&同一カード3連勝を飾った。

 初回に柳田の2ランで先制を許したが、その後はビッグボスのタクトが光った一戦だった。2回2死一、二塁から松本剛の適時打で1点を返すと、なお2死一、三塁で今川の打席の初球に重盗に成功。試合を振り出しに戻した。

 2―2の3回は2死一、二塁から浅間が右中間へ決勝の2点適時二塁打をマーク。さらに4―2の4回は無死一、三塁から今川のセーフティースクイズで1点を追加した。その後2死一、二塁では重盗を成功させると、直後に万波が右中間へ2点適時三塁打をマークし、続く石井も右前適時打。リードを6点に広げていた。

 8―2の6回には万波が5号2ランを放ち、今季3度目の2ケタ10得点に到達した。

 先発・杉浦は2回以降得点を与えず、5回7安打2失点で2勝目を飾った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×