【西武】再三の好機生かせず3連勝ならず ラッキーボーイの滝沢夏央は好機で2打席連続三振

7回2死満塁の好機も空振り三振の滝沢夏央(捕手・太田光)(カメラ・二川 雅年)
7回2死満塁の好機も空振り三振の滝沢夏央(捕手・太田光)(カメラ・二川 雅年)

◆パ・リーグ 西武1―3楽天(15日・ベルーナドーム)

 2連勝中の西武が、再三の好機を生かせずに3連勝を逃した。

 最大のチャンスだったのは、1―2で迎えた8回。楽天2番手宋家豪から先頭の外崎が中前安打で出塁すると、山川も左翼線への二塁打で続いた。無死二、三塁のチャンスだったが、中村、栗山は連続の空振り三振。2死二、三塁で柘植も中飛に打ち取られて本塁を踏めなかった。

 前日の14日には、1―4で3点を追う7回に、滝沢の同点適時三塁打などで4点を奪って逆転勝ち。この試合では3回に相手の捕逸で1点を先取したが、4回に先発・エンスがマルモレホスに逆転2ランを浴びてリードを許した。

 5回2死一、二塁、7回2死満塁という同点機も作ったが、ともに2試合連続でヒーローインタビューを受けていたラッキーボーイの滝沢が空振り三振に倒れて追いつくことが出来なかった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請