レディバグ鮮やか大外一気 ダート短距離界に楽しみな伏兵誕生 中京11R

スポーツ報知
JRAロゴマーク

◆栗東S(4歳以上オープン、5月15日、中京競馬場・ダート1400メートル=稍重)

 砂の大激戦は酒井学騎手が手綱を執ったレディバグ(牝4歳、栗東・北出成人厩舎、父ホッコータルマエ)が、大外一気の末脚を繰り出して快勝した。勝ち時計は1分23秒0。

 ベテランらしい柔軟な判断が勝利を呼び込んだ。「スタートして行き切れなかったが、これは確実にペースが速いと思って。しまいで脚を使えるかどうかと。外へ持ち出すと反応が良く、よしっと思ったらステッキを落として…」

 そんな出来事もご愛嬌(あいきょう)とばかり、強烈な末脚で決めた。

 「具合がよくなってきた。はまればいい脚を使ってくれます。これで脚質に幅が出ました」混戦を断った個性派とベテランのコンビが、今後も砂の短距離路線で輝きを放つ。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×