【オリックス】中川圭太、走者一掃三塁打でチーム33試合ぶり5得点以上 6回までに今季最多8得点

スポーツ報知
6回1死満塁、中川圭太が中堅へ走者一掃の3点適時三塁打を放つ(カメラ・豊田 秀一)

◆パ・リーグ オリックス―ロッテ(15日・京セラドーム大阪)

 オリックスの中川圭太内野手が、走者一掃の三塁打を放った。

 1点リードの6回1死満塁でセンターへ3点三塁打。「とにかく無心で何も考えずに、きた球を思い切り打ちにいきました! 1打席目のチャンスの場面で凡退してしまっていたので、何とか打てて良かったです」とコメントした。

 続く野口も適時打を放ち追加点とし、この時点でチームは今季最多の8得点となった。

 得点力不足が課題だったチームは、4月2日の日本ハム戦(京セラD)で7得点で勝利して以来、33試合ぶりの5得点以上をもぎとった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×