【高校野球】大阪桐蔭、公式戦26連勝!17日に履正社と頂上決戦 2年生センバツ右腕・南恒誠4安打完封

スポーツ報知
大阪桐蔭の先発・南恒誠

◆春季大阪大会 ▽準決勝 大阪桐蔭5―0上宮(15日・大阪シティ信用金庫スタジアム)

 今春センバツ王者・大阪桐蔭が上宮を破り、決勝進出。昨秋の大阪大会から続く現チームの公式戦連勝を26に伸ばした。

 初回1死一、二塁、4番・丸山一喜一塁手(3年)が左前適時打を放って先制。この回に3点を奪うと5回にも無死二塁から谷口勇人右翼手(3年)の右前適時打で4点目を奪った。

 投げてはセンバツでもメンバー入りを果たし、甲子園のマウンドも経験した2年生右腕・南恒誠が4安打完封。打っても4―0の6回1死三塁で左犠飛を放った。チームは6回にも1点を加えた。

 17日の決勝では、この日の準決勝第1試合で東海大大阪仰星を破った履正社と対戦する。両校の直近の対戦は昨秋の大阪大会準決勝で、大阪桐蔭が5―3で勝利した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×