【大学野球】 早大が立大に連敗し優勝の可能性が消滅 小宮山監督「最初から思うようにならず…」

早大・小宮山悟監督
早大・小宮山悟監督

◆東京六大学野球春季リーグ戦第6週第2日▽立大7―3早大(15日・神宮)

 早大は立大に連敗。勝ち点は1のままで、優勝の可能性が消滅した。

 先発の中森光希投手(2年=明星)が、立ち上がりから立大打線につかまった。初回に1死一、三塁のピンチを作ると、4番・山田健太二塁手(4年=大阪桐蔭)、6番・黒岩陽介捕手(4年=静岡)にタイムリーを浴びて2失点。2回にも3安打を許し、1点を追加された。

 打線は9安打を放ったものの、残塁が10を数え、ビッグイニングを作ることが出来なかった。

 小宮山悟監督は「最初の法政とのカードから、なかなか思うようにならず、もがいてもがいてという状況が続いてしまった。秋に向けての課題が、それぞれ身に染みていると思う。早慶戦が残っているので、いい形に秋につなげられるようにしたい」と語った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請