【巨人】左肩甲骨の骨挫傷のため戦列を離れていた吉川尚輝が第3打席で左前適時打 2軍・西武戦

スポーツ報知
3回2死二、三塁、左前に2点適時打を放つ吉川尚輝  (カメラ・佐々木 清勝)

◆イースタン・リーグ 西武―巨人(15日・カーミニーク)

 巨人の吉川尚輝内野手(27)が15日、イースタン・リーグの西武戦に「1番・二塁」でスタメン出場し、第3打席で左前適時打を放った。左肩甲骨の骨挫傷のため戦列を離れていたが、この日、実戦復帰を果たした。

 追加点を挙げ、5―1となった3回、2死二、三塁から吉川は先発の西武・豆田の130キロ、チェンジアップを捉え、振り抜いた。打球は左前に落ち、走者2人が生還した。

 吉川は4日の広島戦(マツダ)で左肩甲骨付近に死球を受け、担架で運ばれてそのまま負傷交代。翌5日は試合前練習時にグラウンドに姿を見せず、試合もベンチ外となって帰京。6日にMRI(磁気共鳴画像)検査で骨挫傷と診断され、同日に出場選手登録を抹消されていた。

 その後はジャイアンツ球場でリハビリを開始。14日のイースタン・リーグ、西武戦(カーミニーク)で実戦復帰予定だったが、雨天のため、試合は中止となっていた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請