白井義男さんの世界王座奪取70周年記念展示を墨田区総合体育館で実施、花形進さんら元世界王者も来場

スポーツ報知
白井義男さんの世界王座獲得70周年記念の展示を鑑賞する元世界フライ級王者で花形ジムの花形進会長

 日本人で最初の世界フライ級チャンピオンとなった故・白井義男さんの世界奪取70周年を記念した、白井さん愛用品などの特別展示が15日、東京・墨田区総合体育館で行われた。

 ボクシングイベント「すみだボクシング祭り2022」の一角にブースを設置。白井さんが1952年5月19日、後楽園球場でダド・マリノ(米国)を判定で下し、日本人として初めて世界王座のベルトを獲得した際に実際に使用したトランクスやガウンを展示した。午前10時の開始時間から熱心なファンが足を運び、試合当日の写真やカーン博士とのショットなど食い入るように見つめたほか、飾られた練習用グラブ、シューズやタイトル獲得時のポスターなどを見ながら、ボクシング談義に花を咲かせた。

 白井さんと同じフライ級で世界のベルトを取った元WBA世界同級王者で花形ジムの花形進会長らプロボクシング関係者も足を運び、元世界王者の功績をたたえた。花形会長は写真を見ながら「子供の頃だったなあ」などと懐かしんでいた。視察後、花形会長は隣の会場で行われたプロボクシング興行「DANGAN250」に移動。東日本新人王トーナメントライト級予選のセコンドに入り、山瀬心輝を勝利に導いた。

 15日は16時まで展示される予定。

 特別展示は19日にも「DANGANオール4回戦Vol.2 東日本新人王予選」が行われる後楽園ホールのロビー殿堂コーナーで実施される(入場には観戦チケットが必要)。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×