【ロッテ】レアードが2回に白井球審の判定不服で暴言退場 前日試合後の井口資仁監督に続いて

スポーツ報知
2回無死、見逃し三振に倒れたブランドン・レアードが判定を不服として球審・白井に暴言を吐き退場処分となる (カメラ・豊田 秀一)

◆パ・リーグ ロッテ―オリックス(15日・京セラドーム)

 ロッテに再び衝撃が走った。両チーム無得点の2回、レアードが見逃し三振に倒れると、判定に不満な表情を見せ、白井球審に抗議。白井球審はレアードに一度左手を挙げ、止まるように促したが、レアードが何かを発しベンチへき上げようとすると、白井球審が退場のジェスチャー。「レアード選手、暴言で退場と致します」とアナウンスが入り球場は騒然となった。

 チームは24日に白井球審と佐々木朗詰め寄りの件で騒動、前日は井口監督の規則違反、侮辱発言による退場と悪い雰囲気が続いていた。2回裏に入るところで井口監督が白井球審へレアードの退場について確認。白井球審の説明に笑顔を見せながらうなずき、納得した様子でベンチへと下がった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×