「銚子の日」に決めた!「銚子の子」鈴木優磨が絶叫弾

スポーツ報知
前半30分、蹴り直しのPKを決める鹿島FW鈴木優磨(カメラ・川上 大志)

◆明治安田生命J1リーグ▽第13節 鹿島4―1札幌(14日、カシマ)

 そぐわないパフォーマンスには意味があった。前半30分、鹿島のFW鈴木優磨はPKを決めると滑り込みながら大声で叫んだ。一度外した後、相手の反則で蹴り直しとなった。チームの2点目にしては大げさだ。「(地元の千葉の)銚子の日で子どもたちがたくさん来ていた。ゴールを見せたかったので、蹴らせてもらった」。届けたい思いがあった。

 鹿島は札幌戦を「銚子の日」とし、同市民を無料で迎え入れた。同地からプロを目指した鈴木にも憧れの選手がいた。元日本代表で鹿島OBのFW長谷川祥之だ。ヘディングを武器とする勝負強いFWを見て「こうなりたい」と奮い立った。野球どころとして有名な銚子でサッカーを志す子どもたちへ、夢の先を示した。

 チームは鈴木の2得点を含む4発快勝で首位をキープした。鈴木は「試合の入りから圧倒できた」と誇らしげだ。15日に30年目に突入するJリーグ。ジーコのハットトリックで始まった鹿島には今も背中で、結果で、思いを届けるストライカーがいる。(内田 知宏)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×