明石家さんま「受け止めてあげないと竜兵がかわいそう」…上島竜兵さんをエピソードトークで悼む

スポーツ報知
明石家さんま

 お笑いタレント・明石家さんま(66)が、14日に放送された大阪・MBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で11日に急死した「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん(享年61)を悼んだ。放送冒頭から「受け止められないことが起こったが、受け止めてあげないと竜兵がかわいそう」としんみりした口調でつぶやいた。

 さらに上島さんとのエピソードを振り返った。「まじめな男。一生懸命。(テレビ局の)廊下で会うと(ダチョウ倶楽部の)3人で『ヤー』とあいさつしてくれる。3人が俺の股間にひざまずいてパンパンと柏手打って『ブラックビデル!』と。で俺が(ブラックデビルの声色で)『ウェ』っと」と笑わせた。

 そして最後にプライベートで出くわした思い出も披露。ある日、六本木の路上で泥酔している上島さんを見かけたという。「多分、志村(けん)さんと飲んだ帰り道。外国人の客引きの男性に『サービスするよ~。ウチ、サービス満点』と言われて、竜兵は『おっぱいもめるの?』。(客引きは)『おっぱいノーノーノー。でもサービス満点』と」。そのやりとりを、こっそり背後で見ていたという。

 さらに「おっぱいOK?」「おっぱいノー」「太ももは?」「ノー」「手を置くはOK?」「触る、奥入るはダメ」という“交渉”を経て、上島さんが「OK」と言って入店しようとしたのを見てたまらず、さんまは「後ろからバーン(とドツいたん)や。『何しとんねんオマエは!』」とどやしつけた。すると上島さんは「師匠!」とうろたえたが、すかさず「ねえ行きましょう。太もも触らしてくれるらしいです」。さんまは「行かへんわ!」とツッコんだ…という芸人らしいトークで別れを惜しんだ。

 「あいつとはいろいろな思い出がある。さすがの俺もこたえた。どんなことがあったか分からへんけど」とポツリ。自らを「何があっても、かなりのことを受け止める。バックネットのさんまちゃん」と評するお笑い怪獣でも、かわいがっていた後輩の死が精神的につらかったことを吐露していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×