【巨人】村田真一氏、中田翔の逆転満塁ホームランに内角の残像がある中で仕留めたのはあっぱれよ

スポーツ報知
7回1死、中田翔が左翼に3号逆転満塁本塁打を放つ(捕手・石橋康太)(カメラ・堺 恒志)

◆JERAセ・リーグ 巨人7―6中日(14日・東京ドーム)

 巨人が中日戦で中田のグランドスラムによって今季最大の5点差をひっくり返し、3連勝を飾った。3点を追う7回、絶好調ポランコの適時二塁打で2点差に迫ると、岡本和敬遠後の1死満塁から中田が4号逆転満塁本塁打を放った。13日に1軍復帰後初アーチを放った大砲は、移籍後初の2戦連発にこの日も雄たけびを上げた。チームは今季13度目の逆転勝ちで5カードぶりに勝ち越し、首位ヤクルトを0・5差の3位で追走している。

 いやぁ~中田、お見事やったね。前の打席で凡退していた満塁機やし、プレッシャーもあったはずよ。技術的に言えば、祖父江の一番の得意球、スライダーを右足に体重をしっかり残したまま捉えた。調子が悪い時はステップしたところでもう体が突っ込んじゃう。フォームを見ても状態が上向きなことが分かるよね。

 配球を見ても打たれる直前の1ボール1ストライクまではバッテリーの思い通り。初球にスライダー、2球目は内角のボールゾーンにいわゆる「見せ球」の直球がきた。死球厳禁の満塁やのにきっちりと投げきったところは、さすが祖父江よね。次はもちろん一番自信のある外のスライダー。配球としては見え見えよ。それでも打たれない、あるいは打てないコースに投げきれる自信があったから放ってきたんやと思う。それが甘く入ったとはいえ、内角の残像がある中で仕留めたのはあっぱれよ。

 伏線はそこまでの3打席にあったように思う。中田に対して、中日バッテリーは4回に高橋宏がウラをかいて見逃し三振を奪った直球以外、ほとんど内を使わず外で勝負していた。だから外の変化球勝負、って読みもあったんちゃうかな。相手の勝ちパターンを崩したという意味でも、中日にダメージが残る大きな一発になったよね。(スポーツ報知評論家・村田真一)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請