【ヴィクトリアマイル】森泰斗騎手「大崩れは考えられない」本命はレイパパレ 展開も絶好

スポーツ報知
展開に左右されない安定感はメンバー屈指のレイパパレ

◆第17回ヴィクトリアマイル・G1(5月15日、東京競馬場・芝1600メートル)

 G1馬が5頭も出走する豪華な顔ぶれ。実力伯仲で、展開ひとつで勝ち馬が変わってきそうです。

 カギは逃げ宣言しているローザノワールの存在。この馬がハナに立って、ソダシの前に出て抑え込むなら、2頭を見る形で進められるレイパパレにとって楽な競馬になります。今年の大阪杯の2着は、逃げるジャックドールをマークして運んだ結果。いったんは先頭に立つ競馬をしましたし、この安定感は魅力ですよね。いざとなれば、サッと前に行く機動力もあります。大崩れは考えられないですね。

 ハナもありえるソダシですが、さほどスタートの速いタイプではないので、やはりポジションは2、3番手あたりになりそうですね。マイルは血統的にも絶好の舞台ですし、桜花賞をレコードで勝った実績は侮れません。

 本命にしようか、どうしようか…と迷った末に、ファインルージュは逆転含みの▲。先行勢がレースを引っ張り、ある程度の流れになれば、この馬にとって、おあつらえ向きの展開となります。

 さて、今週は南関東もマイル重賞の川崎マイラーズが行われます。僕はグレンツェントで参戦予定。JRA所属時、ユニコーンSを制しているので、中央競馬ファンもおなじみの馬でしょう。最近は重賞制覇から遠ざかっていますが、地力は確か。チャンスはあると思っています。(船橋競馬所属騎手)

【森泰斗騎手の印】

◎(13)レイパパレ

○(5)ソダシ

▲(11)ファインルージュ

★(2)ソングライン

△(7)レシステンシア

△(15)アンドヴァラナウト

△(1)デアリングタクト

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×