【京王杯スプリングC】折り合い欠いてもねじ伏せた!メイケイエール現役最多タイ重賞5勝

スポーツ報知
直線で抜け出したメイケイエールが重賞5勝目(左は2着スカイグルーヴ=カメラ・高橋 由二)

◆第67回京王杯スプリングC・G2(5月14日、東京競馬場・芝1400メートル=良)

 第67回京王杯スプリングC・G2は14日、東京競馬場の芝1400メートルで争われ、1番人気のメイケイエール(池添)が道中で折り合いに苦しみながらも、直線で抜け出して優勝。JRA平地重賞では現役最多タイの5勝目を挙げた。1着馬として優先出走権を手にした安田記念(6月5日、東京)には向かわず、秋のG1取りのため、充電に入る。

 明確な課題を残しながら、能力だけでねじ伏せた。残り300メートル。メイケイエールは池添の右ムチを合図にさらにギアを上げる。2発、3発と送られるゲキのたびに加速し、残り150メートルで先頭に立つと、そのまま重賞5勝目のゴールに飛び込んだ。鞍上は「追い出したらしっかり反応して伸びてくれる馬なので、信じて追い出しました」と汗を拭った。

 折り合いを欠いて最下位に沈んだ桜花賞から4戦連続で6ハロン戦投入。2歳11月のファンタジーS以来の7ハロン戦となった今回は「大事な1ハロン延長だと思っていた」と池添。しかし、スタートして400メートルで悪癖が露出。懸命に相棒をなだめたが、大きく首を上げ、鞍上が立ち上がるシーンも見られた。「折り合いはきつかった。1ハロン違うだけでこんなにしんどいとは」と振り返ったように、克服したとは言い難い内容だった。

 底を見せないなかで挙げた重賞5勝目は、平地に限れば、ソダシと並ぶ現役トップ。ただ、芝の重賞4勝以上でG1勝ちがないのはメイケイエールだけだ。「他の馬よりも少し遅いけど、少しずつ勉強しています」と武英調教師。夏を休養に充て、復帰は「セントウルS(9月11日、中京)をイメージしています」とトレーナー。さらなる成長を遂げた秋こそビッグタイトルをつかみ取る。

 メイケイエール 父ミッキーアイル、母シロインジャー(父ハービンジャー)。栗東・武英智厩舎所属の牝4歳。北海道安平町・ノーザンファームの生産。通算11戦6勝。総収得賞金は2億5312万2000円。主な勝ち鞍は21年チューリップ賞・G2、20年小倉2歳S、同ファンタジーS、22年シルクロードS(以上、G3)。馬主は名古屋競馬(株)。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×