照ノ富士 相撲巧者・遠藤を退け5勝目も慢心無し「早く立ち合いの感覚をつかみたい」

スポーツ報知
照ノ富士(奥)がはたき込みで遠藤を下す

◆大相撲 ▽夏場所7日目(14日、東京・両国国技館)

 横綱・照ノ富士(伊勢ケ浜)は、東前頭4枚目・遠藤(追手風)をはたき込んで連敗はせず、5勝目を挙げた。

 遠藤との立ち合いは「(今場所は)全然立ち合いがしっくりこないので、ちゃんと当たろうという気持ちだった」。理想通りとはいかず、相手得意のもろ差しを許したが、「そこからは確実に対応できたんじゃないですかね」と、小手に振って冷静に対処。最後ははたき込みで仕留めた。

 単独トップだった東前頭11枚目・碧山(春日野)が敗れ、全勝が消えた。2敗を守り、1差で追う一人横綱は、中日以降に向け「そうですね。早くやっぱり立ち合いの感覚をつかみたいなと思っています」と課題を挙げ、次戦を見据えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×