大栄翔が御嶽海を撃破「内容も良かった」 8日目に貴景勝に勝てば横綱、大関総なめに「しっかり集中」

スポーツ報知
大栄翔(左)は、のど輪で御嶽海を攻める 

◆大相撲 ▽夏場所7日目(14日、東京・両国国技館)

 小結・大栄翔(追手風)が大関・御嶽海(出羽海)を撃破した。鋭く立つと、しつこく下からあてがってくる大関に構わず押し続けた。最後まで攻め続けて押し出し。「昨日(6日目の豊昇龍戦)は立ち合いが本当に悪くて、逆に立ち合いをしっかり直せば、体は動いているので相撲が取れると思ったので、立ち合いを集中してやろうと思っていました。その後の攻めもリズム良く攻められたので今日は良かったと思います」と、うなずいた。

 八角理事長(元横綱・北勝海)は「立ち合い、いいタイミングで当たれた。リズムが良かった。いい当たりをすると距離が保たれるからね」と評価。これで1横綱2大関を撃破した。8日目は埼玉栄高の後輩、大関・貴景勝(常盤山)との一番だ。勝てば横綱、大関陣総なめとなる。2敗でトップとも1差。昨年初場所を制した実力者の大栄翔は「今のところ(状態は)いいです。一日一番しか取れないので、しっかり集中して自分の相撲を取れればいいと思います」と気合を込めていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×