【巨人】デラロサの9回2死満塁でのボークはなぜ? 原監督「俺は納得した」

9回2死満塁、デラロサのボークの判定について説明を求める原辰徳監督(カメラ・小林 泰斗)
9回2死満塁、デラロサのボークの判定について説明を求める原辰徳監督(カメラ・小林 泰斗)

 ◆JERAセ・リーグ 巨人7―6中日(14日・東京ドーム)

 巨人のルビー・デラロサ投手が、ボークを宣告されて1点差に迫られながらも今季初セーブを挙げた。

 9回に2死満塁のピンチを招き、A・マルティネスへの初球をノーワインドアップで投げたが、これがボークを宣告された。

 この場面、満塁だったためデラロサはノーワインドアップでの投球を選択したが、軸足となる右足を投手板に並行に触れ、左足を投手板の前方に置いた状態だった。これは野球規則ではセットポジションと定められており、その状態から左足を引いて投球したため、ボークが宣告された。

 直後に原監督は審判団のもとに向かい、確認を求めたが、その後ベンチへと戻った。試合後には、「まあ、審判に聞いて。俺は納得した。俺は納得した、うん」と、判定を受け入れた。

映像提供:GIANTS TV
詳細詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請