【巨人】ポランコが11打席連続出塁&9打数連続安打 原監督「この数字で突っ走ったら大変なことになる」

7回1死一、二塁、左翼へ適時二塁打を放つグレゴリー・ポランコ(カメラ・小林 泰斗)
7回1死一、二塁、左翼へ適時二塁打を放つグレゴリー・ポランコ(カメラ・小林 泰斗)

◆JERAセ・リーグ 巨人7―6中日(14日・東京ドーム)

 巨人のグレゴリー・ポランコ外野手が14日、中日戦で2打席連続適時二塁打を放ち、11打席連続出塁&9打数連続安打を記録。好調ぶりを発揮した。

 この日は、5点を追う6回に無死一、二塁で打席に立つと、中日・高橋宏から右越えに適時二塁打。3点を追う7回にも、1死から丸、ウォーカーの連続安打で好機で打席に立つと、左翼線に適時二塁打を放った。

 原監督は「この数字でずっと突っ走ったら大変なことになるけれどもね。しかし、本人、日本にいろんな心境の中で来て。いい精神状態の中でね、明日も臨めるんではないかなというふうに思いますね」と語った。

映像提供:GIANTS TV
試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請