【日本ハム】上沢直之が8回無失点で2勝目「少しトシのいった選手が引っ張っていけるように」

スポーツ報知
8回1死一塁、柳田悠岐を遊ゴロ併殺に打ち取り、雄叫びを上げる先発投手の上沢直之(カメラ・関口 俊明)

◆パ・リーグ 日本ハム2―0ソフトバンク(14日・札幌ドーム)

 日本ハム・上沢直之投手が先発し、8回5安打無失点で2勝目。本拠地・札幌ドームでは今季初勝利となった。

 初回は2死から連打で一、二塁となったが、中村晃を右飛に抑え、無失点スタート。2回は四球と連打で無死一、二塁のピンチを招いたが、リチャードを二ゴロ併殺に斬り、その後2死一、三塁では三森を一ゴロに封じた。4回まで毎回走者を背負ったが、要所を締めて得点を与えず。5回以降は無安打に封じた。

 お立ち台に上がった右腕は「最初は悪かったんですけど、だんだんリズムをつかんで、最終的には8回を投げ切ることができて良かったかなと思います」と安どした。先制かつ決勝の2点二塁打を放った今川については「本当に若い選手が頼もしい限りですし、その中で僕みたいなベテランじゃないですけど、少しトシのいった選手がしっかり引っ張っていけるように頑張りたいなと思います」と表情を引き締めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×