横浜FM、湘南にロペス&水沼らの4発快勝で今季初3連勝…リーグ最多得点の攻撃力発揮

スポーツ報知

◆明治安田生命J1リーグ▽第13節 横浜FM4―1湘南(14日、レモンS)

 横浜FMは敵地で湘南に4―1で勝利した。前半にMF水沼宏太とDF小池龍太が得点。後半にもFWアンデルソンロペスの今シーズン6ゴール目、FWレオセアラの初ゴールで突き放した。チームは今季初の3連勝を飾った。

 立ち上がりは落ち着きが見られず、開始1分に満たない内に1対1の決定機をつくられるなどピンチを迎えたが、GK高丘陽平がビッグセーブ。厳しい時間帯を無失点でしのいだ前半14分。FWアンデルソンロペスのエリア内での粘り強いキープから水沼が右足で落ち着いてシュートを蹴り込み、今季初ゴールを挙げた。同20分にはFW仲川輝人の左クロスをMFマルコスジュニオールがヒールバックパスでつなぎ、走り込んだ小池龍が突き刺した。

 後半14分、カウンターからロペスが3戦連発となる今季6得点目。水沼の横パスに左足を伸ばしてネットを揺らした。同38分、ボールロストからエリア内への進入を許し、クロス対応で高丘が飛び出したところを押し込まれて失点。それでも同アディショナルタイム、MF渡辺皓太のロングボールから抜け出したレオセアラが無人のゴールに流し込み、再び3点差とした。今季4度目の完封勝利はならなかったものの、リーグ最多23得点の攻撃力を遺憾なく発揮し、着実に勝ち点3を積み上げた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×