川崎、森保一代表監督の視察試合で勝利 山根視来&脇坂泰斗がアシストで結果、初招集狙う代表候補勢も活躍

スポーツ報知

 ◆明治安田生命J1リーグ▽第13節 川崎2―0福岡(14日・等々力陸上競技場)

 川崎は福岡を2―0で下し、暫定2位をキープした。

*  *  *

 前半はリーグ最少失点を誇る福岡のハードワークに苦戦し0―0で折り返したが、後半10分に先制点が生まれた。スローインからチャンスをつくり、日本代表DF山根視来のスルーパスをMF遠野大弥が直接流し込んだ。スタジアムのボルテージが一気に高まる中、4分後にはMF脇坂泰斗のCKをDF車屋紳太郎が合わせて追加点を挙げた。

 6月にキリン杯2試合と親善試合2試合、7月に国内組で臨む東アジアE―1選手権が控える中、日本代表の森保一監督が会場で直接視察した一戦。森保ジャパン招集歴のある山根と脇坂がアシストをマークし、谷口も相手のプレスに苦しんだが無失点に貢献。得点には絡まなかったが、初キャップを狙う未招集組のMF橘田健人、DF佐々木旭らも存在感を発揮した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×