【ヴィクトリアマイル】前日単勝1番人気はレイパパレで4・2倍 単勝10倍以下が6頭の混戦

スポーツ報知
混戦模様のレースで前売り1番人気を集めたレイパパレ

◆第17回ヴィクトリアマイル・G1(5月15日、東京競馬場・芝1600メートル)

 ヴィクトリアマイルの前売りオッズが15日、発表された。単勝1番人気は久しぶりのマイル戦で昨年の大阪杯・G1以来となるタイトルを狙うレイパパレ(牝5歳、栗東・高野友和厩舎、父ディープインパクト)の4・2倍。2番人気はマイルG1を2勝しているソダシ(牝4歳、栗東・須貝尚介厩舎、父クロフネ)が5・9倍で続いた。

 20年の3冠牝馬デアリングタクト(牝5歳、栗東・杉山晴紀厩舎、父エピファネイア)が6・5倍で3番人気、昨年のNHKマイルC・G1で2着のソングライン(牝4歳、美浦・林徹厩舎、父キズナ)が6・7倍で続き、昨年の桜花賞・G1で3着のファインルージュ(牝4歳、美浦・木村哲也厩舎、父キズナ)の7・8倍、高松宮記念・G1の6着からの巻き返しを狙うレシステンシア(牝5歳、栗東・松下武士厩舎、父ダイワメジャー)の9・8倍まで6頭が単勝10倍以下の人気を集めた。

 他式別の1番人気は馬連が(2)ソングラインー(13)レイパパレの11・6倍、馬単が(5)ソダシー(13)レイパパレの22・4倍。レイパパレは軸としても人気だが、相手は割れている。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×